コピペビジネスは怪しい副業?!加藤ゆりって誰⁈レポート🖊

コピペビジネス、加藤ゆりスマートフォン
コピペビジネス、加藤ゆり

こんにちは。
茶々丸管理人です(=^・^=)。

巷に溢れかえっている副業商材。
刺激的な金額が稼げると誇大広告が横行しています。
そんな副業商材で大切なお金と時間を搾取されないか、一つ一つ見分けてみましょう。
オッケー☆⌒d(´∀`)ノ

さて、今回も何気な~く副業商材の情報を見ていたら (。´・ω・)ん?・・・
気になる副業商材がありましたので取り上げたいと思います。

『コピペビジネス』という商材です。
(・_・D フムフム

『コピペ』で稼げるなんて!と考えている方には購買意欲をそそる商材のように感じますね。でも、コピペだけでそんなに稼げるのでしょうか?

しかし、結論は残念ながらお勧めする商材ではなさそうです。

ちなみに『コピペ』とは,コピーアンドペーストの略称。コンピュータ等を使用し、他の文章や画像から一部分の写しを取り、別の場所に貼り付けること。 出典元:消費者庁

では、コピペビジネスという商材はどうしてお勧めできないのか見分けてみましょう。

では、今回も購入してはいけない情報商材の特徴に沿って見分けてみましょう。

購入してはいけない情報商材の特徴
1.何をする副業なのかわからない
2.誰でもすぐに簡単に稼げることを強調
3.特定商取引法に基づく表記がない
4.インターネットで検索すると悪評が多い

1.『何をする副業なのかわからない』を調べてみた

  • 無料アプリをスマホにダウンロード
  • テンプレート文を選び送信するだけで1回5000円以上稼げる
  • 「加藤ゆり」さんがナビゲーターとなり、サポートしてくれる

本当にこれで稼げるのなら、今すぐ始めたくなりますね!
購買意欲を煽りますねー(;’∀’)

2.『誰でもすぐに簡単に稼げることを強調』を調べてみた

  • 高齢者も時間がない人もお金に困っている人も
  • 作業はシンプル
  • アプリで定型文を送信
  • 1日15分の簡単作業で1日10万円

弱者の心理を突くような言葉で購買意欲を煽りますヽ(`Д´)ノプンプン

3.『特定商取引法に基づく表記がない』を調べてみた

特商法と呼ばれる悪徳業者から消費者を守る目的で、義務付けれらている表記を見ていきたいと思います。

ちなみに特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。
表記の記載はありませんでした。
どうあれ、表記の記載がないのは論外ですね(-_-;)

4.『インターネットで検索すると悪評が多い』を調べてみた

口コミがよくない

  • コピペビジネスが稼げるノウハウを提供してくれるわけではないので稼ぐことは出来ない。
  • 高額な追加料金が発生する可能性がある

Googleで検索すると、注意喚起する記事がたくさんありました。

5.『まとめてみた』

1.何をする副業なのかわからない
2.誰でもすぐに簡単に稼げることを強調
3.特定商取引法に基づく表記がない
4.インターネットで検索すると悪評が多い

以上の購入してはいけない情報商材の特徴に当てはまります。

残念ながら、推奨はできる商材とは言えません。

これから副業で稼ごうと考えているようでしたら手を出さない方が賢明かと思います(´ー`*)ウンウン

あなたの大切な時間と大切なお金を無駄にしてしまいます!

最後に

副業で、できれば人生が変わるくらい稼ぎたいと思うのは皆同じ気持ちです。
ほんの一握りの本物の副業商材に出会えるには、それを見極める力が必要です。
そして、本物の副業商材に出会えた先人から話を聞くことも重要だと思います。
あなたに適した商材がきっとあります。
その商材に出会う時が必ず訪れますように(=^・^=)

次回も稼げる副業商材かどうかをレポートしますので、ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

茶々丸管理人

 

タイトルとURLをコピーしました